ワキガ 原因 治療法

ワキガの原因とは?皮膚科や美容外科の治療方法

プライベートでも仕事中でも、特に運動して汗をかいているわけでもないのに脇が匂う。きちんとお風呂に入っているし、食べるものにも気を使っているのにどうして? その気持ち、非常によくわかります。

 

何を隠そう、私もワキガには悩まされている人間の一人です。学生の頃はデオドラントスプレーが手放せませんでしたし、社会人になってからは、割と高価な消臭クリームを毎朝つけて、会社へ出勤しています。

 

でも、治らない、なぜ、どうして! そもそも、ワキガはどうして起こるのか、根本的な治療法はあるのか? 非常に気になる内容なので、調べて、まとめてみました。

 

ワキガ原因とは

さて、まずはワキガの原因から。それはずばり「体質」です。もちろん、何かしらの病気が原因になっている場合もありますが、それは特殊なケース。私のように「学生の頃から社会人になるまで」系のワキガは、間違いなく、持って生まれた体質であるといえます。つまりお風呂に入って洗おうが、高級な消臭クリームを塗ろうが、それはにおいを隠しているだけで、自然には治らないのです。ワキガを治したいのであれば、もっと根本的に、体質を改善するアプローチが必要になってくるのです。

 

ところで皆さん、自分の耳垢を見たことがありますか? 私は「飴耳」と言われる、いわゆる湿っているタイプの耳垢です。このようなタイプの人は、アポクリン汗腺というものが皮膚に多く存在し、そこから出てきた汗によって耳垢が湿ってくるのです。

 

実はこのアポクリン汗腺から出てくる汗は臭いがあり、体臭の原因になります。実は、ワキガの臭いの正体。つまり、ワキガの人はアポクリン汗腺が体質的に多く存在しており、その為、アポクリン汗腺が少ない人よりも臭いがキツくなる、というわけです。すなわち、根本的なワキガの治療とは、このアポクリン汗腺を減らしていく治療、ということになるのです。

 

ワキガの治療法について

汗腺を少なくする治療の専門家は、皮膚科や美容外科の医者になります。まずは自分のワキガがどの程度のものなのか、必ず相談することが大切。お医者さんの意見を聞いて、適切な治療方法を選んでいく必要があります。

 

現在行われているワキガの治療方法は、本当に様々。
例えば、実際に切って汗腺を除去する方法や、メスを使わなくてもいいボトックス注射による治療。
レーザーによる汗腺の除去という方法もあります。

 

方法も多様であれば、その費用も様々で、4,5万円から、高ければ数十万する手術も存在します。経済的な状況もあわせて、治療方法を選んでいく必要がありそうですね。

 

ワキガの根本的な治療はどうやら簡単ではないようです。しかし、不可能ではないこともわかりました。しっかりと考えて、適切に治療していきたいですね。